スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 ★ はじめての体験・・・ 

★ ワンのいない生活・・・

もう時間の問題だとはわかっていましたが、
ついに、犬がいない生活というのが始まりました。

ポッカリコン!と、穴が開いたような気がします。

昨年、マリコの通院をやめる!とブログに書いた頃は
マリちゃんの衰えに加速がかかったような毎日でした。

唯一、食べてくれたシーバも「いらない!」と言うし、
鳴く声も、弱々しくなってきていたし
残り時間が少ないということが、妙に現実味を帯びてきて・・・

年が明けてからは、固形物は一切拒否するようになって
スポーツドリンクに、ビタミン剤やブドウ糖を入れた物だけ
スポイトで少しずつ飲む毎日で
ピーク時、6キロ近くあった体重も2キロまで落ちました。

1月7日
ウン○が出ました。出た!というか、緩んだ体から出てきたというか・・・
今日、マリコに会っておいた方が良いよと母に電話。

母は昔、東京の実家で、マリコという名の日本テリアと暮らしていました。
戦争の頃です。ある日、空襲警報が鳴って避難。
俗に言う、「東京大空襲」の時です。
防空壕には、犬は連れて行ってはダメ!だったので
すぐに戻るから、お利口に待っていてね!と言い置いて・・・
命がけで家に戻ったら、マリコどころか、家も何も!!
全て跡かたなく焼けていたそうです。

どうにもならないことだったのですが、母はずっと悔いていて・・・

母にとっては、マリちゃんは戦争で死んだマリコの生まれ変わり。
でも、確かに、写真で見てもそっくりなのです。
弱い息のマリコの枕元で、

今度は怖くないよ、一人じゃないよ、大丈夫よ
お兄ちゃん(相方)もすぐに帰ってくるからね
ごめんね、マリコ、今度は一人じゃないからね。

母は言い続けていました。

1月8日 朝3時半  枕元のマリコの息を確認
     朝4時半  まだ息をしていました。
     朝6時   ・・・息をしていませんでした。

あまなつが、いつものように、マリコと寝てくれていました。
しっかりと朝が来るまで、そのまま一緒にみんなで寝ました。
とても静かに朝が来た気がします。
七草までは、一緒にいてくれました。

でも、犬が、いなくなってしまいました。

230111ワン2

やせてしまったマリちゃんは、一番小さな箱になりました。
まめままは、大丈夫です。大丈夫ですが、犬がいない・・・
はじめての犬がいない生活に、戸惑っています。
まだ心の色々なことが定まっていませんし、不安定ですが
この時間は耐えるしかないのだと、経験上知っています。
寂しいし、不安だし、寒いですが、それが当たり前だと知ってます。

仲良し3ワン組は、今一緒にいます。
ただ、悪魔小僧達がいるので、お花が飾れません
アハハハ・・・もう泣き笑いです・・・

230111ワン1

皆さま、ご心配頂き本当にありがとうございました。
私の宝物達は、PC台のテッペンから
いつも私を見下ろしてくれています。
だから、私はやっぱり、ファンキーな私でいないと!
正直、今も書いてると涙が出ます。
それでもやっぱり踏ん張って!泣きながら笑ってます。
また、アフォな毎日にお付き合い頂ければ幸いです。
ありがとうございました。
スポンサーサイト


 この記事へのコメント 

無理無理元気にしなくてもいいんですよ。
ちゃんと泣いておかないと心に何か残ってしまうと思うのです。

浮上して最強になったまめままさんをお待ちしております。

hayakaさんのおっしゃる通りだと思います。

なつ君が一緒にいてくれて、みんながそばにいてくれて、マリコさん幸せでしたね。
あちらに行っても、ひとりぼっちじゃないし。

ほんとに、ほんとに無理はしないでくださいね。
フレーフレー、まめまま一家!!
マリコさん、まめままさん、本当にお疲れ様でした。
何か言葉を・・・と思うのですが、なぜだか言葉が見つかりません(;_;)
マリコさんのご冥福を心よりお祈りいたします。
  マリコさんのご冥福をお祈りします。
最後の最後まで みんなに守られて、マリコさんは幸せだったと思います。そして、やっと自由に マー君達と雲の上で跳ね回ることが出来るようになったんだと思うな。
  残されたモノは辛い。ちょっとのあいだ、冬眠しましょう。
ほんで、元気を蓄えてもうすぐ来る春に備えましょうよ。悲しみもきっといつか肥やしになるよ。今は私そう思うことにしてる・・・。
弱ってゆくコを見てるのは辛かったよね…それでもきっとマリちゃんは
安心できる場所で心から信じている家族の傍でしあわせだったと思うよ(^^)
モモちゃん、まーくん、マリちゃん、3わんでおもいっきり走ってるかな…
マリちゃん、ちゃんと目も見えてるよね!
モモちゃん、まーくんにぽんちゃんのことを報告してるね!

お母さま、そんな辛い体験もされてたんだね…止むを得ないことだったとはいえ
そのときにマリちゃんを家に残してきたことがずっと心のどこかにあるんだろうね…
モモちゃん、まーくん、マリちゃんがひとりで逝ってしまった
マリちゃんとも会えてたらいいねー!
つらいね。
ずっと居てくれたらいいのにね。
お互いに涙涙の日々だね。

うちは明日が初七日です・・・
マリコさんのご冥福をお祈り申し上げます。

戦争のお話を伺って、ふと「昭和天皇ご崩御は1月7日だったな」と思い出しました。
マリコさん、戦争があった昭和を乗り越えた象徴みたいだ。
6キロの体重が2キロになるまで頑張って・・・
うちのレオと重なります。レオも5キロが2キロになっていました。
マリコさんは最後まで幸せだったよ。。。
みんなが側にいてくれて、淋しくなんかなかったよ。。。
今は虹の橋の向こうで、モモちゃんやまーくんと遊んでるよ。。。
私はそう思ってるよ!
hayakaさ~ん★

優しいお気持ち、ありがとうございます。
大丈夫!ちゃんと溜まったモノははき出してますデス!
何に逃げても仕方がないので、とにかくちゃんと向き合ってます。
今は、頑張りどころッス!!
うにさ~ん★

マリコを幸せと言って下さってありがとうございます。
何よりもうれしいです。
ちゃんとモモやまーちゃんが迎えに来てくれたと思います。
他にもきっとたくさんのワンズが来てくれたと思います。
私は涙が流れるままにしています。ガマンしてません。
無理はしないで、とにかく今は向き合っています。
ありがとうございます。
猫玉さ~ん★

うん!浮上するヨ~~~~!!
猫玉さんが応援旗降ってくれてる絵が見えるよ~~
いつもありがとうございます。
お地蔵さん♪~★

いつかは・・・と、ちゃんと頭では理解してることなんですよね。
それに、自分よりも先に逝ってくれることが
何よりもお互いに良い結果であることもわかってるのです。
でも、何度経験してもツライものです。
あえて、あの子達の写真を見て、色々思い出しもして
バンバン、彼らに向き合ってます。
いつもこうしてます。最初は写真を見るのもつらいけど
時間が絶つと、つらさが後ろに下がって楽しかったなぁとか
幸せだったなぁとか、そんなことばかり先に立つようになります。
それまでのガマンだと思います。
いつも、ありがとうございます。
ぱせさ~ん★

ホントに残された方もツライよね。
でも、自分が先に逝って、あの子達を残す方が悲劇だものね。
跳ね回る・・・そうだよね!!
寝たきりになっちゃうと、へそ天で寝ることもできなくなるのよね。
昔の写真を見ると、へそ天の寝顔もたくさんあるし
お茶目でじゃれてる時も、お腹むき出しでゴロゴロしたりしてる
テリアだから、跳ねたしね~~~
犬って、うれしい時はどうしようもなくうれしくて
走るわ飛ぶわ大騒ぎになる生き物でしょ、そんな姿が目に浮かびます
虹の橋って所で、追いかけっこしてるんだろうか?・・・泣けてきた。
私がそこへ行った時は、歴代の子達が群れなして来てくれるかな
そうだと楽しいだろうなぁ・・・・
まゆまゆ~★

目が見えるようになってるかもしれない・・・そうだよね。
ぽんは、モモが連れてきたようなものだから、
そうか、そんな話題も出てるかもしれないね!!
なんだか楽しいビジョンが浮かんでくる・・・ありがとう♪

母・・・いつかまたマリコに会いたいと、長いこと思ってたらしいの。
だから今回は母に、マリコのことを最後までありがとうと言われました。
しっぽ隊の幸せって、縁のあった人間に左右もされるけど
時代にも左右されるんだろうね。きっと母のような経験をした人は
山のようにいるんだろうね。毛皮用に供出させられてた子もいるし
軍用として供出された子もいたらしいから・・・今は平和だ。
マリコは、あっちで自分とそっくりのマリコと会ったかもしれないね。
いつもありがとう♪
ちなほのちゃん★

ご自身がつらい時なのに、本当にありがとう、ごめんね。
ちなほのちゃんこそ、年末年始と大変だったね。
きっと最初の発作の時から、不安の種をずっと抱えて毎日を過ごしてたのだろうね。
ほーちゃんも、小さな体で本当に良く頑張ったね。えらいね。
もうちなちゃんと一緒にいるんだね。ほーちゃんも寂しくないかな?
イヤでも時は経っていくから、今はお互い毎日を乗り越えるしかないものね。
そらちゃんと一緒に、頑張ってね。私も4ニャンと一緒に・・・
つらい時に、本当にありがとう!!!


トロンボーンさん★

レオ君が2キロ・・・ひとつ上の段階にいるような
神々しいレオ君の姿しか拝見したことがなかったような・・・
あのレオ君が2キロとは・・・そうだったのですか・・・
2キロって小さなものだなと思いました。マリコさん、焼けるのが早くて。
自分があとに残ることが、何よりもみんなの幸せなのだとわかっていても
やっぱりつらいものですね。

母は、皇室行事の時は必ず召集される学校区の出身なので、
皇室というものが、すごく身近な人なんです。
だから、トロンボーンさんの言われた、昭和天皇崩御のことを母に言ったところ
あ~~~~そうだった!陛下と同じ頃なのね
マリコが陛下とね・・・・・と何だかうれしそうな顔でまた泣いてました。
今回は、母も結構ガックリ来ていたので、母の力になる一言を頂けてうれしいです。
本当にありがとうございました。




パピママさ~ん★

そう言って頂けると、本当にありがたいです。
亡くなるまでの最後の2~3日は、目が覚めると
すぐに小さな声で鼻を鳴らして、誰かを呼ぶのね。
で、体に手を添えると、またホッとしたような顔をして目をつぶるの。
そういうあの子の要求に応えられたことは、良かったと思う。
虹の橋の向こうでのことを、色々考えるのは楽しい。
私の関係者だけで、犬だけで14頭くらいの群れができるからなぁ・・・
小鳥やコイやヤドカリはどうかね?みんな一緒かな??
私のことは、みんなで迎えに来てくれるかな?って思ってしまいます。
この記事へコメントする














(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)

まめまま

Author:まめまま
7歳のニャン×1
3歳のニャン×1
1歳のニャン×1
10ヶ月のニャン×1
ミシシッピアカミミガメ×2
アカハライモリ×4
(お星様ワンコ×3も一緒♪)
夫(とりあえず人間)と暮らす、
仮面ライダー好きのオタク主婦

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。